【無人で民泊対応】タブレット型チェックインサービス

Pocket

民泊新法が施行されたことにより、従来の民泊において、適法運用が厳格化されました。

それに伴い、

①宿泊者名簿の管理・集計報告
②対面での本人確認

が必要になりました。

 

こちらにつきまして、カソク株式会社でも、カソクチェックインというサービスを提供しております。

適法化のための作業において、追加の対応が必要になり、いくつかの課題をオーナー様は抱えることとなりました。

 

 

適法運用をできなかった場合、営業停止命令を受けてしまう可能性もあります。

 

 

そんな課題を全て解決するサービスが、『Kasoku Check-in』です。

Kasoku Check-inは煩わしいチェックイン時の対応に対して、3つのソリューションを提供いたします。

 

ゲストのチェックインまでの流れは、

ゲストと、物件宿泊の間に入り込むことで、漏れのない情報収集が可能です。

 

昨日の詳細としては、以下のような入力画面に、ゲストが個人情報を入力し、

新法・特区民泊・簡易宿所に必要な情報を所得可能になります。

 

 

また、上記の入力を終えると、以下の本人確認の作業に入ります。

パスポート撮影と、本人確認については、24時間対応にてコールセンターのスタッフが行いますので、

不審なゲストの予約を防ぎます。

 

 

 

チェックインが完了すると、以下のように

認証完了となります。

1人最短にて、2分以内で終了します。

 

また、住宅宿泊事業法の届出済みの物件においては、2か月に一回、利用者情報を

行政に報告する必要があるため、以下のように宿泊者情報をクラウド管理することができます。

 

 

 

料金体系としては、端末購入費用30,000円+税、月額利用料金3,980円+税

となります。

 

 

安全な民泊適法運用のための必須ツール。

ご興味のある方は、お問い合わせください。http://ksagency.com/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF_%E3%82%AB%E3%82%BD%E3%82%AF

 

「チェックイン m2m」の画像検索結果

 

 

問い合わせ