民泊新法

Pocket

2018年6月15日より、日本では、「住宅宿泊事業法」いわゆる「民泊新法」が施行されました。
これに伴い、行政への民泊届出や、消防機器の設置が必要になり、適法運用のための準備が複雑になっております。
また、物件によっては用途地域や、建物内の民泊件数など、初めての方がトライするにはハードルが高くなっている状態です。

「これから民泊を始めてみたい」「マンションの1棟オーナーをやっているが、空き室から順次始めてみたい」「サブリースしているオーナー様に提案したい」
といった
不動産管理会社様、ディベロッパー様、個人投資家様、マンションオーナー様など、新法民泊運用にご興味をお持ちの方は、是非お気軽にお問い合わせください。
具体的な物件ベースでの、収益シュミレーション、開始までの目安と予算、クライアント様にてご用意頂くものなど、お話しさせて頂けましたら幸いです。

問い合わせ